妊活の基礎知識 妊活コラム

【妊娠できる体作り】妊活中にはどんな運動がおすすめ?

投稿日:

適度な運動は体の健康を維持するために必要なもの。妊娠を望む際にも適した運動をすることで妊活がスムーズに進む可能性も。

妊娠力をアップしてくれると言われている運動を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

運動で妊娠力をアップ!

ストレッチで骨盤内の血流を促進!

妊活中に積極的におこないたい運動の一つ目はストレッチです。

ストレッチは軽く体をほぐす運動なので、「運動は苦手」「体が硬くて」なんて方でも気軽に取り入れられるのもポイントです。

妊活中のストレッチの基本は骨盤ストレッチと呼ばれるものです。例を挙げると、

  1. 仰向けになり、足を肩幅程度に開いて両膝を立てます。
  2. そのまま両膝をゆっくりと、ゆらゆらと横に揺らすようにし、少しずつ揺れを大きくしていくイメージでおこないます。
  3. 膝がほぐれたら、片膝ずつ内側に倒し、床にくっつけるイメージでストレッチします。
    このときお尻や腰は浮いてしまってもかまいません。
  4. この動作を3~5回繰り返します。

基本はこんな感じの動作になりますが、他にも骨盤ストレッチの方法はいくつかあるのでぜひ調べてみてください。

こちらの本が参考になるかもしれません。

ウォーキングなら運動が苦手でもできる!

妊活中におすすめの運動、2つ目はウォーキングです。ストレッチと同じく気軽に取り組めるうえ、体に無理がないのがポイントです。
妊娠しやすい体に整えるためには一日に30分~40分程度ウォーキングを行うと良いと言われています。運動をまったくしてこなかった方は、まずは20分程度を2回に分けて始めてみるのもいいかもしれません。

ウォーキングは体をほぐしてくれるだけでなく、肥満予防の対策としても効果があります。妊娠前から習慣化しておけば、出産後のダイエットにも取り入れやすくなります。

岩盤浴は冷え性の人にもおすすめ!

運動ではないのですが、汗をかけるものとしておすすめなのが岩盤浴です。

岩盤浴は遠赤外線を利用し体を温める方法ですが、この遠赤外線が卵子の排出を促す作用があると考えられています。体が芯から温まる効果で体内の機能が活性化するだけではなく、遠赤外線による共鳴振動のエネルギーがポジティブなマインドに影響を与えてくれることもあるそうですよ。

岩盤浴は遠赤外線効果だけでなう、心身のリラックス効果が高い点も魅力のひとつ。ストレスが不妊にもとになることもあるので、岩盤浴でストレス解消するのもおすすめです。

体を動かすのが好きな人にはホットヨガもおすすめ!

まとめ

「頑張って妊娠しやすい体づくりをするぞ!!」とあまりに意気込んでしまうと三日坊主になりやすく、なかなか習慣化しにくかったりするものです。

なので、今回はできるかぎり習慣化しやすいものを中心に紹介しました。

特にストレッチはテレビを見ながらだったり、寝る前にベッドの上でも手軽におこなえたりするので特におすすめです。

今回紹介したストレッチ、ウォーキング、岩盤浴はすべて体を温めて生殖機能の活性化を目指す効果があります。旦那さんと一緒に取り組めばさらに仲良くなれるかもしれませんよ。

-妊活の基礎知識, 妊活コラム

Copyright© 夫婦で飲みたい!妊活サプリ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.